TOP > 職種別転職ガイド > 第二新卒で総合職に転職しよう!

第二新卒で総合職に転職しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
指をさす女性

「第二新卒で総合職の正社員として就職したい」という方は多くいらっしゃいます。

新卒時に一般職として就職し第二新卒でキャリアアップを目指す方、新卒で総合職として就職したが職種や業界を変えたい方、大きく分けてこの2種類の方がいます。

第二新卒で総合職内定をもらうには、具体的に何をしたら良いのでしょうか。

今回はみなさんが内定をゲットできるように、基礎からきっちり解説を行っていきます。

そもそも総合職とは?

企業の土台となる業務をこなし、経験を積みながら、将来的に管理職になる正社員を指します。

企業の土台となる業務とは、例えばアパレルブランドであれば、販売やデザインや生産管理や人事などの経験のことを指します。

第二新卒でキャリアアップ成功するために、まずは基礎的な知識をつけておきましょう。

一般職との違い

一般職との違いはいったい何なのでしょうか。

大きな違いは、一般職は補助的な業務を行う傾向にあり、比較的定形業務の比重が高いことにあります。

しかしだからといって一般職で能力が身につかないわけではなく、一つの業務に対する高い習熟が望めます。

逆に総合職は広範な業務を経験する傾向にあります。

さらに責任の重さやそれに伴う基本給の差も存在します。

一般職に比べて、異動や転勤なども多くなります。

まとめると、仕事の幅は大きく、将来の管理職候補になれるが責任や転勤のリスクが大きいのが総合職、補助的な立場で1業務のスペシャリストを目指すのが一般職です。

総合職に向いている人

向いている人はどのような人なのでしょうか。

一般的には以下のような特徴を持つ人物だと言われています。

  • 実務能力がある
  • 部下の統率力がある
  • バイタリティがある
  • 折衝能力がある

まず第1に実務能力が最も重要です。

管理職候補は将来的に社員を育てていく立場になる人員です。実務がこなせなければ不可能ですよね。

リーダーシップを発揮できる人材であることも重要となります。

さらに広範な業務で責任を持ってどんどん仕事をこなしていくことができるバイタリティも求められます。

このように将来的に管理職として活躍するために必要な能力が求められるためハードルは高くなります。

第二新卒で採用されるためには工夫が必要となります。

第二新卒で総合職になれる?

第二新卒で総合職になることは可能です。

しかし新卒が強力なライバルとなり、ハードルは新卒時よりもかなり上がります。

一般職からの転職

一般職からの転職の場合、難易度は高くなります。

しかし不可能なわけではありません。業種や職種を大きく変えすぎないようにしましょう。

第二新卒は多くの方が業種や職種を大きく変更します。

そのためこれまでの経験が全く活かせません。

第二新卒で一般職からの転職を狙うならば、社会人基礎力、ポテンシャルに加えて、これまでの業務経験と業務適正もアピールしていく必要があります。

総合職からの転職

新卒採用時に総合職で内定している場合、企業にもよりますがポテンシャルを認められて内定をもらっていると人事担当者は考えます。

そのためハードルは下がります。

しかし第二新卒に対し新卒が強力なライバルとなるのは、変わり有りません。

いずれにせよ、エージェントやサイトを活用し、最大限に第二新卒としての魅力をアピールする必要があります。

第二新卒で総合職になる方法

では難易度の高い第二新卒での総合職転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。

とれる方法は現在の職が総合職か一般職かで変わってきます。

そのため以下にて分けて書いていきます。

一般職から

第二新卒で一般職から転職を狙う場合、業界や職種を大きく変えすぎないことが重要です。

人事担当者はポテンシャルが高く、自社の業務に適性があり、将来的に管理職として働いていける人材を採用したいと考えています。

そのため、業務に対する適正と、文化の異なる企業で成長していける柔軟性を同時にアピールしましょう。企業研究を徹底して行い熱意を感じてもらうことも重要です。

まとめると、業務に対する適性と異なる企業に適応できる柔軟性、ポテンシャルを感じさせることのできる熱意、この3つをきちんと人事担当者に伝えることが大切です。

総合職から

この場合、現在の職場に内定した際に、人事に認めてもらえたポテンシャルをアピールしていくのが重要です。

第二新卒はポテンシャルを重視するので、まずはそこをアピールすることで新卒と戦いましょう。

さらに第二新卒ならではの業務に対する姿勢や、これまでの業務で身についたビジネススキルも同時にアピールして、新卒に差をつけましょう。

もちろん企業研究は手をぬかず、きちんと行いましょう。

2017.09.08
第二新卒の転職は簡単にはいかないと思っている方も多いでしょう。今回は第二新卒の転職が成功する難しさから、転職を簡単に成功させる方法・やり方を詳しくご紹介します。

第二新卒で総合職に内定しよう

第二新卒で総合職に内定することは確かに難易度が高いです。

しかしきちんと準備を行えば、決して突破できないハードルではないです。

そのためには2つの職の違いをきちんと理解し、人事担当者が第二新卒の自分に何を求めているのかをまず理解します。

その後に、自分を客観的に分析し、アピールする点を考えましょう。

きちんと対策を行い、第二新卒で総合職に内定しましょう!

2018.02.06
第二新卒の地方転職がうまくいく方法や注意点まで、実例を交えてわかりやすく、しっかりと解説を行っています。

関連する他の記事

北海道で転職したい第二新卒必見!第二新卒の転職事情
北海道で転職したいという第二新卒の方向け!全国区の情報はあてにならないという方に向けて、北海道に勤…
面接に臨む第二新卒が知っておきたい身だしなみとスーツの基本
希望する会社の面接でいい印象を与えるにはどんなスーツを選んだらいいのか。悩んでいる第二新卒の方も多…
第二新卒なら行かない手はない転職セミナー・転職フェアのすすめ
第二新卒歓迎の求人情報を集めるだけでなく、転職フェアやセミナーなどのイベントに参加することで得られ…
東京で転職する第二新卒は必見!絶対転職成功するコツ
第二新卒の方が東京で転職する上で知っておくべきな東京の求人の特徴から、注意点、転職成功のコツまで一…
ページ上部に戻る