TOP > 地域別転職ガイド > 東京で転職する第二新卒は必見!絶対転職成功するコツ

東京で転職する第二新卒は必見!絶対転職成功するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京の様子

東京で第二新卒転職を考えている方は多くいらっしゃいます。

交通の便が良く、基本的に給料が高いので、人気があります。そのため倍率が高くなる傾向があります。

しかし皆さんにはあまり知れられていないデメリットもあります。

今回はそんな東京の第二新卒について、求人の特徴から、使うべきサイトまで一挙に解説を行っていきます。

東京で転職する方は必見です。

東京の求人の第二新卒求人の特徴

東京の第二新卒求人の特徴を紹介します。

職種や業種が多彩であることや、スタートアップから大企業まで幅広く揃っていることなど、地方と比べて良い点も多いです。

まずはそれらのような第二新卒求人の特徴を理解しましょう。

大企業、スタートアップの求人が特に多い

これは求人数が他の地域に比べて圧倒的に多い東京ならではの特徴ですね。

大企業を狙う方はもちろん、スタートアップをなどの小規模精鋭の企業で働きたい方も、転職成功ができる環境にあります。

なので、自分がどのような企業に行きたいのか、自己分析を徹底的に行い、考えましょう。

スタートアップというと、過剰労働が思い浮かぶ方は多いと思います。

しかし第二新卒求人をきちんと探せば、完全週休二日制、有休取得率高、給料も大企業並といった素晴らしい条件のスタートアップも多くあります。

まずは興味のある求人を探してみましょう。

給料が平均的に高い

地方にはない、大きなメリットの1つがこの給料の高さとなります。

現在、転職市場や就職市場そのものが売り手市場なこともあり、給料は地方に比べるとかなり高くなっています。

しかしここで注意しなければいけないのは、給料が高い分、生活費はかさむということです。

地方に比べて家賃や食費などの生活費はどうしても高くなります。そのため給料が高いという点につられてしまわないように注意しましょう。

東京の第二新卒転職の注意点

東京で第二新卒が転職活動を行なう上で注意するべき点は何でしょうか。

地方と比べて労力を払うべき点が少し変わってきます。

東京は確かに求人数が多く、自分の条件通りのものも見つけやすいです。しかし難易度は地方に比べてあがります。

常に倍率が高い

地方に比べて常に求人に申込んだ場合の倍率が高いです。そのため失敗する可能性も高くなります。

現在、新卒で入社した社員が3年以内に3割やめると言われているのが、第二新卒市場が盛り上がっている要因です。

そのため企業も20代中頃の採用枠を大きく増やしています。

しかし逆に言えば、安定して転職市場に一定数の人材が常に流入しています。その多くが都心での就職を目指します。

それら全てが皆さん第二新卒のライバルとなるわけです。

そのため大企業や待遇の良いスタートアップの第二新卒求人に希望者が殺到し、倍率は常に高い状態にあります。

ここで重要になってくるのは転職サイトやエージェントを上手く使うということです。これについては後でも説明します。

1求人に申し込むための準備時間が短くなりがち

求人数がとても多いため、大企業だけ、スタートアップだけと絞っても、かなりの数の求人があり、目移りします。

そのため、多くの企業に申し込む方がとても多いです。これは1つの正解ではありますが、少し間違えるとかなり危ない方法でもあります。

多くの求人に申し込むがゆえに、1つ1つの企業の分析や自己PRの推敲などに割く時間が少なくなる傾向にあります。

仕方ないことですが、ただでさえ倍率の高い東京で第二新卒転職をする場合に、準備不足は致命的になる可能性が高いです。

きちんと自分がかけられる時間を考え、可能な数の求人に申し込みましょう。

東京の第二新卒転職では転職サービス選びが肝心

東京での第二新卒転職では上記のように特徴が多くあります。

メリットも沢山ありますが、危ない点も多くあることが分かっていただけたと思います。

ここで重要になってくるのが第二新卒転職サービス選びです。

東京で第二新卒が転職活動を行なう上で気をつけるべき点は、人気の求人の倍率は地方に比べて圧倒的に高く、さらに多くの求人に申し込む傾向にあるので、1つの申込みにかけられる準備時間が少なくなるというところです。

完全無料のサービスを上手く活用することで、これらの危ない点を上手くカバーすることができます。

非公開求人にリーチしてライバルを減らそう

多くのサイトやエージェントは非公開求人というモノを抱えています。

非公開求人とは「新規事業を他社に知られたくない」「応募者が殺到して混乱すると困る」などの理由で、一般公開していない求人のことです。

非公開なので当然、ライバルはかなり少ないです。思わぬ高待遇求人も存在します。

サービスに1度登録することで、これらの非公開求人のオファーがくるような場合が多いです。

このサイト内に第二新卒向けの求人サイトを多く紹介しているので、1度読んでみましょう。

エージェントを利用して準備時間を節約

エージェントサービスの中には完全無料でキャリアプランの作成や、自己PRの添削、模擬面接まで徹底的に行なってくれるモノも多くあります。これらのようなサービスをきちんと活用することで、自己分析や選考対策にかける時間を大きく削る事ができます。

さらに独自の内定率アップのノウハウをもっていることも多いので、選考を有利に進ませるためにも役に立ちます。

自分に合うエージェントを探して、使ってみましょう。

その際には、対応地域に注意して、東京に特に強いサービスを使いましょう。

2017.07.24
第二新卒として転職したいけどどうしたらいいかわからない。転職エージェントが多すぎてどれを使ったらいいかわからない。そんな方に向けて第二新卒が必ず知っておきたいおすすめ転職エージェントをご紹介します。

東京で第二新卒転職成功!

東京の第二新卒求人の特徴や注意点、取るべき方法まで一挙に解説を行ってきました。

ここでもう一度おさらいしましょう。

  • 第二新卒求人の種類が多彩で、スタートアップ、大企業も多い。
  • 給料は地方に比べて高いが生活費がかさむため注意が必要
  • 常にライバルが一定数いるため、人気求人の倍率は圧倒的に高い
  • 1つの申込みの対策に取れる時間が短くなりがち
  • 効率的に行なうためには転職サービスの利用が重要

サイト内に、転職サービスの紹介を詳しく行っているので、興味のある方はご覧ください!

2018.02.06
第二新卒で大企業に転職する人の特徴を出しながら、どのように準備すればいいのかという点まで具体的に解説していきます。

関連する他の記事

第二新卒の転職で建設業界を目指そう!
第二新卒が建設業界に転職することは可能なのでしょうか。第二新卒が建設業界に転職する魅力や秘訣、そし…
第二新卒の営業転職事情を徹底解説
接客は好きだけど飲食や小売じゃ不満…そんな思いがあるあなた。インセンティブ報酬制度など第二新卒が営…
第二新卒に人気のハタラクティブが人材、広告、IT業界に強い理由
20代の転職に強い転職支援サービス、ハタラクティブ。未経験の第二新卒の転職に強い理由とは。
第二新卒で事務職に転職したい!
幅広い業務に関わることができる事務職は人気だから転職できるか不安…。そんな第二新卒の不安を解決しま…
ページ上部に戻る