TOP > 第二新卒Q&A > 第二新卒の転職の強みと弱みとは?

第二新卒の転職の強みと弱みとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビルの前に立つ男

第二新卒で転職するとどうせ年収が下がってしまうのだろうと諦めている人はいないでしょうか。

かつては「入社3年前後での転職」も今では前向きに捉える風潮が広がってきています。

第二新卒歓迎と謳っている企業もいるほどで、社会人としての常識を持っており、慣れるのが早いというように期待している企業もあります。

自分の環境を変えて新たな会社でまたスタートさせたいと感じる方も少なくはないはずです。

そんな第二新卒での転職を目剤している方々に向けて、第二新卒の強みと弱みを解説していきます。

そもそも、第二新卒の対象となる人はどういう人?

そもそも、第二新卒とはどんな人を指しているか、確認していきましょう。

第二新卒とは、一度は就職したものの、すぐに転職先を探して求職活動をしている人のことを指します。

就職してから1~5年程度の転職者が主な対象です。

厚生労働省のデータによると、新卒で就職した32%が3年以内に辞めており、第二新卒は毎年増加傾向にあると言われています。

第二新卒の転職の強みとは?

強そうな男

それでは実際に第二新卒の転職で強みとなることを解説していきます

大きく分けて3つあります。

  • 将来性を見られている
  • ミスマッチが少ないと期待されている
  • 社会人経験がある
  • 以上のことが上げられます。

    1つ目の「将来性を見られている」は、キャリアを30年前後積んでいる求職者よりも頭が柔らかく、なんでも吸収できる人材が多いことが上げられます。

    それを伸びしろと捉える企業もあります。

    ですので、年齢的に転職しやすい時期であるのは確かですね。

    2つ目の「ミスマッチが少ないと判断できる」は、同業者であった場合、どのような業務内容か想像することができ、転職エージェントに登録しているならコンサルタントの方から内情や雰囲気などを伝えてもらうことも可能になります。

    また、同職種出なかった場合でも、就職に一度失敗しているので、二度目の就職先についてはとても慎重に選んでいるため、入社後のミスマッチは少なくなるはずです。

    3つ目の「社会人経験がある」は、新卒や未経験者に比べて社会人経験を積んできていることが上げられます。

    経験を積んでいると何がいいかというと、社会人としての常識やビジネスマナーといった基盤や、同業者であった場合だとスキルもあるので、企業としては教育をする必要がなく、その分の教育コストは削減できることでしょう。

    このサイトで別の記事でも第二新卒の転職について解説されているので、そちらの方も参照してノウハウを確認しましょう。

    第二新卒と既卒の違いを理解して転職成功!

    第二新卒が転職を成功させるやり方・方法はコレだ!

    第二新卒の転職の弱みとは?

    困惑する男

    次に第二新卒の転職の弱みについて解説していきたいと思います。

    第二新卒の転職の強みもある一方で、様々なことを懸念している企業もいます。

  • 精神的懸念
  • 身体的懸念
  • 大きく分けて2つの懸念点が出てくるでしょう。

    精神的懸念点だと、「第二新卒者はまたすぐに会社を辞めてしまうのではないか」と企業が懸念することもあります。

    前職が1~5年以内に辞めているので、この会社でもすぐ逃げ出してしまうのではないか、根気弱く使えない人材ではないのか、と思われがちです。

    そこで面接官の心を掴むのは「なぜ前職を辞める決断を下したのか。」「自分の意志はちゃんとあるのか」ということです。

    転職しようと決断した理由を他のせいにしたり、環境のせいにしたりせずに、自己分析をしっかり行った上で改善点を洗い出しましょう。

    それを言葉として表すことができ、新しい環境化で自己成長をしようとする意志を示すことができるからこと、企業側は納得するのです。

    身体的懸念でいうと、「前の環境に慣れたまま、新しい職場の一日の業務にすぐ慣れることはできるのか」というところにあります。

    一日のルーティーンが習慣化サれている状況で、新しい企業下での活動に支障が出ないか考える企業は多いです。

    若いゆえに早く環境に慣れることが期待されています。

    第二新卒はアピールポイントが少なくなってしまう

    また他の弱みとして上げられることは、「第二新卒はアピールポイントが少ない」ことが上げられます。

    これは経験の少なさから生まれてしまう懸念点です。

    アピールポイントが少ないとどんなことが起きるかというと、履歴書や面接の時にアピールポイントが少なく弱い状態ということです。

    ただ、第二新卒の転職者に求められていることは、ポテンシャルやこれからの伸びしろといったところですので、そこをアピールポイントとして設けることは必要です。

    面接で重要なのは「このようなことができます」といったことよりも、「こんな人間です、こんなスタンスです」というようなその人の人柄や正確、姿勢を推していくことです。

    自ら進んで成長する場所に飛び込んでいけるか、積極的にスキルアップできるかを企業は履歴書や面接から見出してくるのです。

    このサイトで別の記事でも第二新卒の転職について解説されているので、そちらの方も参照してノウハウを確認しましょう。

    新卒1年目で退職したくても我慢すべきなの?

    第二新卒の転職が不利なのか徹底解説!弱点を克服すれば成功できる!

    最後に

    笑顔の女性

    いかがでしたでしょうか。

    今回、第二新卒の転職の強みと弱みについて解説してきました。

    第二新卒の転職を渇望してる現代社会だからこと諦めることなく、目標の転職を成功させる可能性は大きくあります。

    第二新卒の転職者の皆さまが思い通りの転職が願っております。

    関連する他の記事

    会社側・第二新卒両者から見た第二新卒採用のメリット・デメリット
    第二新卒は既卒者とは違い、ある程度の仕事経験があります。その経験を活かせるような転職をするために、…
    第二新卒の営業転職事情を徹底解説
    接客は好きだけど飲食や小売じゃ不満…そんな思いがあるあなた。インセンティブ報酬制度など第二新卒が営…
    第二新卒の設計職への転職事情特集
    機械設計などモノづくりに携われる仕事は第二新卒の方にとっても憧れの対象ですよね。設計職の特徴や適性…
    第二新卒の転職に学歴が必要ってホント?
    第二新卒としての転職に学歴は必要なのでしょうか。必要になる場面や学歴不問で採用されることが難しくな…
    ページ上部に戻る