TOP > 業界別転職ガイド > 第二新卒のIT業界転職事情を徹底調査

第二新卒のIT業界転職事情を徹底調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーバールームの様子

最先端でカッコイイというイメージや私服で働けるなど自由なイメージでIT業界に憧れを感じているという第二新卒の方も多いでしょう。

このページではそんな第二新卒の方に向けて、第二新卒がIT業界を目指すメリットやその方法、そしてTI業界求人の特徴や求めている人物像など第二新卒のIT業界転職事情を詳しくご紹介します。

第二新卒がIT業界に転職するメリットとは

まずは、第二新卒が未経験からIT業界を目指すことは可能なのかというポイントやそのメリットからご紹介していきたいと思います。

IT業界は未経験歓迎求人が多い!

プログラミングなんてしたことないし文系だしIT業界は無理だろうと思っている第二新卒の方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には非常に多くの未経験第二新卒歓迎のIT業界求人が集まっています。

IT業界は成長企業が多く人員拡大を図っているケースが多くなっています。

またエンジニアの人材不足が深刻なため、未経験でもとにかく採用して会社で育成しようと考えている企業も多いです。

ソフトウェア系の企業やWeb系の企業であれば、未経験からエンジニアに転職を目指すことも難しくないでしょう。

IT業界の総合職もおすすめ

また、エンジニアなどの専門職以外にも多くの総合職求人が掲載されています。

IT業界で営業として働き新しいサービスや技術のセールスに関わるというのも魅力的ですよね。

IT業界と言っても多様な職種や業務があるので未経験の第二新卒でも挑戦しやすいものも多いでしょう。

先ほど紹介した通り、成長企業が多いのがIT業界の特徴です。それは営業や企画、総務といった職種でも同じです。

IT業界は第二新卒におすすめと言えるのです。

2017.07.24
第二新卒としてSEに転職したい。そもそも可能なの?どんな転職サイトを使うべきなの?といった第二新卒の疑問をしっかり解決します。

第二新卒歓迎のIT業界求人の特徴とは

第二新卒におすすめの業界と言われても転職が決意できない方も多いと思います。

続いて、具体的に第二新卒歓迎のIT業界求人の特徴をご紹介していきたいと思います。

他業界と比べても求人数が多い!

やはりIT業界は人材不足ということもあって、第二新卒歓迎の求人も非常に多く集っています。

具体的には、『doda』に220件以上、『リクナビNEXT』で300件以上、『マイナビジョブ20's』で220件程度の第二新卒歓迎IT業界求人が公開されています。(2018年3月現在)

これはあくまでも公開されている求人だけでの数ですから、エージェントにはこの3~4倍の非公開求人が眠っています。

これだけあれば、転職のチャンスも高いですよね。

ベンチャーの求人が多い

全体として非常に多くの求人がありますが、その中でも成長著しいベンチャーなどが積極的に第二新卒を採用していることが多いようです。

実際に求人を見ると思わぬ優良ベンチャーとの出会いも期待できるでしょう。

また、従業員数1001人以上の大手企業の募集も多数あります。そうした企業では新人教育制度も整っているのでしっかりとスキルを積むことができるでしょう。

平均年収は300万~400万

事業規模が小さい企業の求人が多いからか平均年収はさほど高くはありません。ただし、これは未経験の第二新卒だからこそ。

エンジニアとしてのスキルを積めば数年で800万円近い年収を達成することも難しくないでしょう。

経験豊富なエンジニアは人手不足で転職も非常に有利です。IT業界の中でも未経験歓迎の専門職求人に採用されることができれば、長期的に高収入を達成することも簡単でしょう。

勤務地は東京が基本

IT業界のデメリットがあるとしたら、地方では転職を目指すのが難しいという点です。

dodaなどの全国区の求人に対応した転職サービスでもほとんどのIT業界求人が東京など首都圏に集中しています。

やはり東京かその近郊の方がIT業界の求人は探しやすいと言えるでしょう。第二新卒でもその条件は変わりません。

IT業界が求めているのはこんな第二新卒

第二新卒を歓迎しているIT求人にはどのような要素が求められているのでしょうか。

知識やスキルがあればいいと思われがちですが、第二新卒ですしそうとも限りません。

IT業界への適性とも言える求められている人物像をご紹介します。

基本的なコミュニケーション能力がある人

ITといってもさまざまな職種がありますが、人と関わりながら業務を進めていくのは基本です。

そうした時に必要になってくるのが、基本的なコミュニケーション能力です。チームでプロジェクトを進めていく経験などをアピールできると良いですね。

また営業職などであればITに関しての知識を噛み砕き、知識がない人に向けて話すことも必要になってきます。

1人でパソコンに向き合うのがIT業界というわけではありませんからコミュニケーション能力は大切です。

勉強する意欲がある人

今現在なにかしらのスキルを持っている、持っていないかは関係なく、勉強する意思のある人が企業から歓迎されます。

中には内定後に研修をしっかりやるような企業もあります。

しかし、そういった研修に頼ることなく、自分で勉強するという意思をきちんと表したほうがいいです。

誰でも「勉強する」と言えるので、転職前に勉強などを始めて、すでに勉強をしていることをアピールするのがいいですよ。

転職後のビジョンをきちんと話せる人

第二新卒では、すでに持っているスキルよりも、今後のポテンシャルで採用することが多いです。

こういった言語を学び、今後こういうことをやっていきたいときちんと話すことができればやる気があると評価してくれるでしょう。

ITに関してのスキルを持っているにも関わらず、転職後のビジョンを話せなければ意味がありません。

1度自分のキャリアプランについて真剣に考えてみましょう。

体力のある人

IT企業は人手不足にあえぐ成長ジャンルです。ということはつまり、多少の残業は常にあるものと思った方が自然です。IT企業に転職する第二新卒生は長い労働時間とも向き合えるかというのも課題になってきます。

前職がバリバリの営業であり、体力とコミュニケーション能力に自信がある場合は、IT業界が未経験であったとしてもよい待遇を受けられる可能性があります。もちろん、職歴に関わらない範囲でもスポーツなどのアクティブな趣味をアピールしてもいいでしょう。

第二新卒がIT業界への転職を成功させる秘訣

それでは次に、第二新卒が後悔しないIT業界への転職をするために知っておきたい秘訣をご紹介します。

熱量と学習意欲をアピールしよう

やはり第二新卒について、企業側が知りたいのは第二新卒の求職者にどれほどの熱意、仕事に対するやる気があるのかということです。

採用してもらうためには仕事への熱量と学習意欲のアピールが書かせません。これは業界に関わらずポテンシャル採用である第二新卒転職の基本と言えます。

特に未経験からIT業界に転職するのであれば職種に依らず就職後に多くの知識を蓄えていかなければなりません。

積極的に仕事に臨む姿勢があることをしっかりとアピールして、企業からの好感度を高めるのが転職を成功させる一番の秘訣です。

トレンドを見極めよう

業界そのものがまだ若いことに加え、ITの関わる事業領域は日々拡大を続けています。すなわち、これからIT業界に進もうという第二新卒には「今のトレンド」そして「これから来る流行」を見極める能力が重要となります。

また、時勢というマクロな流れだけでなく、企業や事業部ごとの成長方向というミクロな向きもきちんと確認する必要があります。IT・Web業界は拡大速度の分取り扱う仕事が多岐に渡るため、志望している企業や部署によってできる職務や求められる仕事の内容は大幅に異なります。

またベンチャーであれば既存事業とは全く異なる新規事業を始めることもあります。ミスマッチを減らすためにも、キャリアコンサルタントと綿密な相談を重ねて企業理解を深めることが肝心です。

業界の生の声を知ろう

アドバイザーからオファーをいただき、面接準備もバッチリ。では、あと一歩を踏み込んで内定の可能性を上げるために、勉強会に参加してみてはいかがでしょうか。

IT業界では実際に働いている方々が企業の枠を超えて集まり日々さまざまな勉強会を開催しています。ジャンルの進化が早いITの世界では、同業者や異業種との情報交換も大事な仕事の一環です。業界未経験でも参加できる勉強会もあるため、主催に問い合わせれば様子を覗いてみることもできるかもしれません。

コミュニティの生の声に触れることは転職へのモチベーション維持にもつながります。前職を辞めて時間がある第二新卒生は気軽に足を運んでみてはどうでしょうか。

IT業界に強い転職エージェントを利用しよう!

そして、転職成功の鍵といえば自分や自分の志望する業界・企業にあった転職エージェントを選ぶことです。

働きながら転職活動をする第二新卒や隙間時間にはプログラミングの勉強もしたいという時間のない第二新卒はエージェントの利用が要ですよね。

そして第二新卒のIT業界転職おすすめなのは、エンジニア系求人に強い総合系エージェントである『doda』と20代に特化していてIT業界とコネクションの強い『ハタラクティブ』です。

特に、『ハタラクティブ』はIT業界に特化したエージェントをメインの事業として運営している会社が運営している20代特化型エージェントということもありIT業界に強みがあります。

公式サイトによれば、ハタラクティブの内定者のうち約25%がIT・通信に就職を果たしています。

IT業界を目指す第二新卒におすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

2017.09.08
第二新卒の転職は簡単にはいかないと思っている方も多いでしょう。今回は第二新卒の転職が成功する難しさから、転職を簡単に成功させる方法・やり方を詳しくご紹介します。

第二新卒としてIT業界に挑戦しよう

IT業界は第二新卒におすすめの業界であることはお分かりいただけたでしょうか。

IT業界は人手不足で積極的に第二新卒を採用しています。今回ご紹介した転職をスムーズに進める秘訣を押さえれば、みなさんが転職を成功させることも難しくないでしょう。

頑張ってください!

関連する他の記事

第二新卒が大手への転職を成功させる秘訣はこれだ!
新卒で就職した会社を辞め大手企業に転職したいけどそんなの無理だ、と考えている人も多いのではないでし…
転職がうまくいかない第二新卒が試すべき挽回の方法
第二新卒として転職しようとしているけどうまくいかない、もうあきらめた方がいいのかと悩んでいる人へ。…
第二新卒の転職で年収が下がるってホント?
現在働いている会社が自分に合っていないように感じるなど第二新卒としての転職を検討しているけど年収が…
北海道で転職したい第二新卒必見!第二新卒の転職事情
北海道で転職したいという第二新卒の方向け!全国区の情報はあてにならないという方に向けて、北海道に勤…
ページ上部に戻る