TOP > 知っておきたい基本情報 > 失敗しない第二新卒の転職、流れをチェック!

失敗しない第二新卒の転職、流れをチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
髪をたなびかせるフレッシュなスーツ姿の女性

転職を決意したけれど何から始めればいいのか分からない、という第二新卒の人向けに転職までの流れを解説します。

第二新卒の転職の流れ

第二新卒に人が実際に転職を意識し始めて、実際に行動しようと決めたらまずはスケジュールを立てましょう。今の仕事を続けながら転職活動をしたり、決意は固まったけど何をすればいいのかわからなかったりと、解決しなければならない問題は沢山あります。

すべての活動にも言えることですが、目標を定めたらまずはスケジュールを組みましょう。スケジュールを組むことで具体的に行動しやすくなります。

第二新卒の人なら転職活動は初めてなのでわからないことだらけです。なので、自分でしっかりと流れを確認しておくことは大事です。では、一般的な第二新卒の転職の流れを紹介します。

希望の転職先を見定める

まずは自己分析です。これは新卒の就職活動のときも行ったと思います。第二新卒でも新卒と同様に非常に大切だと言われています。新卒のときとは違い、社会人として多くの経験をしてきたことで、新しい自己分析ができるかもしれません。

次は情報収集です。もう一度日本にはどのような業界や職種があるのか知っておくことが大切です。社会経験がない新卒時には分からなかった業界、企業研究を、経験を積んだ今もう一度行ってみましょう。

自己分析や情報集を行うことで希望する業界や職種も自然と見えてくるでしょう。

採用されるためにはどうしたよいか

応募の第一歩は書類作成です。第二新卒として履歴書や職務経歴書などの書類を作成します。これらの書類は、相手企業、あるいは採用担当官に自分の経歴や志望動機を伝える役割を持っています。

大半の企業はこの書類で応募者を判断します。つまり、この書類がしっかり作られていないと絶対に転職活動は成功しないということです。前のステップで行った自己分析から自分のアピールを伝えられるように丁寧に書類は作成しましょう。

次は応募です。第二新卒の多くの人が1社だけでなく複数の企業に応募します。そして、応募した後は面接です。面接には、面接官と1対1で行うタイプやグループディスカッションのタイプなど種類がいくつもあります。そのため、面接対策もしっかり行っておきましょう。

上手くあなたの長所が伝われば企業側もきっと採用してくれるでしょう。第二新卒が在職しながら転職活動している場合、内定の連絡があった後も就業している会社の業務、退職の手続きはおろそかにしてはいけません。退職を円満に行うために、1人の社会人として適切な行動をとりましょう。

この一連の流れはとても重要で、企業側も特に面接などには時間をかけることが多いです。なので、スケジュールは多少長引いても大丈夫なように組みましょう。

2017.07.24
第二新卒とはいつからいつまでの期間をさすの?定義が分からないという方も多いのではないでしょうか。第二新卒の定義から第二新卒としての転職の魅力まで徹底解説します。

第二新卒は在職中に転職するべきか

第二新卒に限りませんが、転職活動を在職中に行い内定をもらったら退職するか、先に退職してから行うかの2タイプあります。

在職中に転職活動をする利点とは

無職の期間を作らずに次の職に就くことができるので職歴が有利であること、給料が途切れないので経済的に良いこと、もしやはり今の会社にいようと考えなおしたときに今の職を続けることができることなどを考えると在職中に転職活動をしたほうが良いと考えるのも自然ですね。実際、多くの人は在職しながら活動します。

在職中に転職するなら注意したい点も

しかし、当然デメリットもあることは知っておきましょう。それは、今の仕事と活動を両立させなければならないので、時間がないことです。第二新卒ならばまだ会社の中では若手なので、いろいろ覚えなければならない仕事も多いです。時間的にもかなりの負担になるので、仕事を終えて帰宅し、情報収集や書類作成を行うことを考えると大変ですよね。平均して活動期間は1ヶ月から長い人は3ヶ月もかかる場合があります。

これによって予想以上に体力を消耗してしまって、今の仕事も転職活動もうまくいかないということになっては意味がなくなってしまいますよね。

自分で作ったスケジュールの流れを崩さないように、もし余裕がなかったり、両立する自身が無かったりする場合は退職してから行動したほうが良いでしょう。

実際に行動しよう

第二新卒は採用されるのか不安に思っている人は多いですが、実際には、第二新卒は社会人として基本的なスキルを持ち、ある程度の経験を持ちながらも柔軟性をもった若い人材として評価されます。

よって新卒ではないからと言ってネガティブになる必要はなく、思いきって行動しましょう。

転職活動の流れと、必要となる準備や心構えを紹介しましたが、自己分析と企業研究をしっかり行うことが重要になることを理解しておきましょう。

その企業研究をしっかりしておくことで、その会社ならではの長所などを志望動機と合わせて伝えることができれば、採用担当者に良い印象を与えられます。能力や経験で差別化が難しい第二新卒においては、その会社に対する熱意や本気度が求められることを理解しておきましょう。そして、次の職場に何を求めるのかを決めることも重要です。

この希望条件が決まっていないと、どのような求人が自分にとって良いのかわからないため、やみくもにいくつも応募し、再び職選びに失敗する可能性が高いです。なぜ転職をしたいのかや自分がどんな働き方をしたいのか、についてかんがえることが大事です。

あなたが良い会社に就けるよう応援しています。

2017.07.24
第二新卒として転職したいけどどうしたらいいかわからない。転職エージェントが多すぎてどれを使ったらいいかわからない。そんな方に向けて第二新卒が必ず知っておきたいおすすめ転職エージェントをご紹介します。

関連する他の記事

第二新卒の経理職転職事情を徹底調査
第二新卒として経理に転職するのってアリなの?どうしたら経理職への転職は成功するの?など経理職に興味…
転職がうまくいかない第二新卒が試すべき挽回の方法
第二新卒として転職しようとしているけどうまくいかない、もうあきらめた方がいいのかと悩んでいる人へ。…
第二新卒で必ず大企業に転職成功する人の特徴とは!?
第二新卒で大企業に転職する人の特徴を出しながら、どのように準備すればいいのかという点まで具体的に解…
第二新卒の転職におすすめの転職サイトとは?
第二新卒の転職には転職サイトを使うべき?それとも転職エージェント?そんな疑問を抱えている方に、転職…
ページ上部に戻る