TOP > 職種別転職ガイド > 第二新卒でデザイナーに転職する方法とは!

第二新卒でデザイナーに転職する方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
デザイン会議の様子

「第二新卒でデザイナーに転職したい」という方は意外と多くいらっしゃいます。

ただ漠然と転職したいと思っていても具体的に何からやっていけばいいかわからないものです。

第二新卒でデザイナーに内定をもらうには具体的に何をしたら良いのでしょうか。

今回、確実に第二新卒でデザイナーに転職できるように、デザイナーのことも織り交ぜて、詳細を解説していきます!

デザイナーどんな種類があるの?

「デザイナー」という仕事は、大きく一つのカテゴリにまとめられがちですが、実際のところ同じ「デザイナー」でも、働く業種や会社が違うだけで業務は全く違うものになってきます。

まずはこれから転職しようと思っている方のために、デザイナー職の種類や業務内容を解説していきます。

デザイナーとは

デザイナーとは、視覚的にそのものをより良く見せるために、模型・形・レイアウト・配力などに工夫を凝らす人、またはその職業のことを指します。

それらの図案、せっけいを手掛けているのがデザイナーになります。

デザイナーと作家の違いとして上げられることとしては、作家は依頼する人が存在せず、対してデザイナーにはクライアントや依頼する人が存在するということです。

デザイナーはクライアントの意図をしっかりと汲み取り、クライアントの意図したものをデザインで表現していかなくてはなりません。なので、自分の好きなように表現していくだけでは仕事にすることはできないのです。

企業によってはデザイナーとは呼ばずに「意匠」や「編集」と呼んだりします。

デザイナーの種類

デザインは多くの分野と関わっているために、自分のやりたいことをひとくくりにできない場合もあります。

しかし、具体的にどのような種類のデザインが存在しているかを知ることで、自分のやりたいデザインがどの分野に含まれているのかを理解することができます。転職活動するときにはこれがとても重量になってきます。

何回も転職すると職歴に響いてしまう可能性があるので、ミスマッチが無いように、自分の適性を見抜きましょう。

さて、実際にデザイナーにはどのような種類があるのか見ていきましょう。

デザイナーを分類すると?

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、靴や洋服、バッグなどをデザインする仕事になります。

マーケティングによって市場の流れを読み、これから流行しそうなファッショや、多くの人が求めているような機能性のあるファッションなどを提案します。

デザイナーと聞いた時に想像しやすい分類に当てはまるのではないでしょうか。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーは、服飾品やインテリアに用いる「布地・織物」の素材や柄のパターンをデザインする仕事になります。

ファッションデザイナーがさくせいしたデザイン画を基に、それに最適な布や糸を選び、織り方を工夫して生地を作ります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、駅のポスターや雑誌の広告、チラシ、商品パッケージなど、そのたの印刷物のデザインをする仕事になります。

ファッションデザイナーの次に想像しやすいデザイナーの仕事ではないでしょうか。

主に、広告代理店やメーカーなどに勤務し、コピーライターやイラストレーター、ディレクターなどとチームを組み、様々な企画に取り組んでいくという流れになります。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、本や雑誌、チラシなどを作る過程の中で、原稿作成およびレイアウト、版下作成などを行う仕事になります。

デザインを手掛けるだけではなく、原稿も作成する点が他のものと異なっている所ですね。

パソコンと専用ソフトを用い、写真や文字データなどを配置し、誌面を作成していきます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、文字の如くWebサイトのデザインをする仕事になります。

ただ見栄えの良いデザインを作るだけではなく、クライアントの意図を汲み取り、作成する必要があります。

また、サイト上でユーザーが意図した通に行動してくれるような設計、HTMLなどのコーティング等まで担当することもあります。

つまり、エンジニアの方がやるような仕事も手掛け、幅広く仕事に関わることができる仕事と言えるでしょう。

その他のデザイナー

その他、たくさんの専門性に優れたデザイナーが存在しています

  • テキストスタイルデザイナー
  • <
  • ジェアリーデザイナー
  • 空間デザイナー
  • エクステリアデザイナー
  • 環境デザイナーなど
  • その他多数のデザイナーは存在しているのでここに載っていないものも調べてみることをお勧めします!

    実際に掲載されている求人の特徴

    平均年収は500万~380万

    やはり、どのようなデザインの業務に携わるかによって年収は大きく変わってくるようです。低くて380万ほどなのであまり年収は高いと言えません。給与を上げたいという理由で第二新卒でデザイナーを狙っている方より、自分のスキルを活かしたい、好きなことを仕事にしたいという方が多いとは思いますが、もちろん年収は高い方がいいですよね。好条件な求人がエージェントで非公開求人として保持しているという可能性もあるので、諦める前にコンサルタントに聞いてみるのがいいでしょう!

    デザイナー内の分野を広くチェック!

    前記した通りデザイナーにはたくさんの分類がありますので、自分のスキルの行かせる分野、自分のやりたいことをできる分野をしっかりと見極める必要があります!

    ミスマッチを減らすためにも、
    第二新卒専用の転職エージェントに登録すること
    をお勧めします。

    デザイナーに求められている人物像とは?

    それでは続いて、第二新卒でデザイナーに転職する際に必要になるスキルや人物像などをご紹介していきたいと思います。

    自分自身の適性を考えたり、転職後の振る舞い、仕事への取り組みを考える上での参考にして頂ければ幸いです。

    チームで活動していける人

    デザイナーは個人の力で頑張る職種だと思われがちですが、実際はそんなことはありません。

    さまざまな職種の方々とチームを組み、自分を俯瞰的に眺め、チーム内での立ち位置づけを考えることができないとチームとしての成功を狙うことは難しいです。

    そういった広い視野を持って信頼を築いていく必要があります。

    コミュニケーション力

    前記した通り、クライアントの意図を汲み取る力が無くては仕事になりません。

    自分の意見を伝えるだけではなく、相手の意図を汲み取る力も必要になってきます。

    それだけではなく、クライアントの期待に応えるプレゼンテーション力も求められます。何よりも「デザイナー」の仕事が好きで沢山作成してきたという経験も必要になってきます。

    第二新卒でデザイナー職に転職しよう!

    紹介してきた通り、デザイナーには沢山の種類があるので比較的に第二新卒からでも目指しやすい職種の一つですね。自分のスキルを活かせる場、自分のやりたいことをやれる場、そういう場所にいられるだけで幸せなことなのかもしれません。

    初めての転職で不安は大きいかと思います。そんな転職活動の際の大きな相棒となる「転職エージェントに」に是非登録しスムーズな転職を成功させましょう。第二新卒の皆さんが希望の職種に転職出来ることを願っています。

    2017.07.24
    第二新卒として転職したいけどどうしたらいいかわからない。転職エージェントが多すぎてどれを使ったらいいかわからない。そんな方に向けて第二新卒が必ず知っておきたいおすすめ転職エージェントをご紹介します。

    関連する他の記事

    第二新卒から貿易会社に転職するなら絶対抑えたいポイント
    貿易会社への転職を検討している第二新卒の方に向けて、転職難易度や貿易会社が求めている人物像など気に…
    第二新卒で福利厚生が充実した企業に転職!
    第二新卒の方で、福利厚生にあまり詳しくない方、福利厚生を重視して転職を考えている方に参考になる福利…
    大阪で働きたい第二新卒必見!第二新卒の転職事情
    大阪で転職するかどうか検討している第二新卒の方に向けて、転職事情や第二新卒が福岡での転職を成功させ…
    第二新卒のための総合商社転職解説
    「第二新卒として総合商社に転職したいけどどうすればいいかわからない。」「そもそも転職できるの?」そ…
    ページ上部に戻る