TOP > 職種別転職ガイド > 第二新卒の設計職への転職事情特集

第二新卒の設計職への転職事情特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
設計のイメージ

せっかく転職するのであれば技術を身に着けたいと考えている第二新卒の方も多いのではないでしょうか。

最近ではプログラミングなどのスキルがもてはやされていますが、CADを使って具現化されるものをデザインするというスキルも社会で必要ですし、かっこいいですよね。

今回は第二新卒の方が設計の仕事に転職する際に気なる職種の特徴や、必要になるスキル、将来性などを徹底解説します。

設計ってどんな仕事?第二新卒は目指すべき?

まずは設計とはどんな仕事であり、第二新卒のみなさんにおすすめできるものなのかどうかをご紹介していきたいと思います。

建設業者やメーカーに欠かせない存在

設計と言っても自動車関連であったりスマホ関連であったり、工場など建築物であったり成果物のスケールは大きく違います。また、部品メーカーなのであれば最終的に自動車になるとしても部品自体は小さかったりしますね。

ですから設計と一言に言っても、作っているモノは会社によって大きく異なってきます。製品開発に携わるという楽しさや、自分が作ったモノが実際に社会で利用されるなどやりがいも大きい仕事ですよね。

未経験からの転職は限られている?

設計の中でもコンセプト設計は長年設計に携わってきた経験者やデザインを専門とする人が行い、基本設計では力学をメインとした専門性の高い知識が必要とされます。

このため、設計の仕事をしている人は機械工学を専攻した経験のある理系がほとんどであり、全くの未経験かの転職は限られていると言えます。第二新卒歓迎としていても同業他社を念頭においている可能性も高いです。

もちろん、文系歓迎としている企業やスキルアップをしっかりとサポートしてくれる企業もあるのでしっかりと求人を精査するのが大切ですね。

スキルアップが望める職種

まず、どんなにAIなどの自動化が進んでも最終的にコンセプトや設計を決める人間が必要になるという点で設計の仕事は将来性があると言えます。

また、専門性が高いため経験を積んでいる人ほど給料が高くなっていく傾向にあります。自動車メーカーなどでは最初はある一部のパーツの設計や改良をしていた設計者がだんだんと大きなパーツ、車全体の設計をしていくキャリアパスが用意されたりしています。

続けていく中でより責任ややりがいのある仕事ができるようになる職種といえるでしょう。

第二新卒歓迎の設計求人の特徴を紹介

それでは次に第二新卒歓迎の設計職の特徴を見ていきましょう。

多種多様な業界から求人が集まっている

未経験者を広く募集しておらず、求人数は他の一般的な職種と比べると限られているのではないかと思っている方も多いと思います。しかし実際にはプラント関連から機械関連、建築関連などなど様々な業界から求人が集まっているので求人数は少なくありません。

具体的には、『doda』に180件程度、『リクナビNEXT』で66件以上、『マイナビジョブ20's』で90件程度の第二新卒歓迎求人が掲載されています。

また、経験を前提とした20代向け求人が非公開で募集されている可能性も高いのでエージェントサービスに登録するとより多くの選択肢から応募先を決めることができるでしょう。

平均年収は350万円程度

設計の仕事自体は年収が高い仕事として知られていますが、第二新卒歓迎となっている求人は未経験者歓迎ということも多いので一般的か少し低い年収といえるでしょう。

能力と経験によって決定としていて明記していない会社も多くあったので、経験や資格によって大きく年収が変わることが予想されます。

設計職に必要なスキルや適性ってあるの?

説明してきたように設計は専門性が高い仕事なので全くの未経験でも採用されますが、資格やスキル、経験があると重宝される職種です。

そこで第二新卒の方が設計への転職をスムーズに決めるために取っておくとよい資格や設計職の適性などをご紹介したいと思います。

「機械設計技術者試験」や「CAD利用技術者試験」

まずはアピールポイントになる資格からご紹介したいと思います。機械設計の知識を問う機械設計技術者試験と設計時に利用するコンピューターソフトのスキルを問うCAD利用技術者試験がおすすめです。

特に機械設計技術者試験の3級は実務経験関係なく第二新卒の方であっても勉強すれば誰であっても取れる資格です。設計の素養ややる気をアピールするために取っておいて損のない資格です。また、資格によって基本給が高まるという会社もあるので得しかないですね。

こうした資格の取得は就職後も続くので、自分が苦手じゃないかどうか確かめるためにも勉強してみるとよいでしょう。

マメさや緻密さがアピールポイント

機械にしても建物にしてもプラントにしても、設計の緻密さは非常に重要なポイントですよね。効率を高めていくのは大事ですが絶対に質を下げてはいけいない仕事と言えます。

そうした業務への適性をアピールすることが第二新卒の方の転職を成功させるでしょう。実際に掲載されている求人を見てみても、「コツコツと真面目に取り組める方 」といった人物像が求められていました。

第二新卒として設計職に転職しよう!

設計の仕事は未経験からでは挑戦しにくいように思えますが、OJTが充実している企業もたくさんあります。またキャリアアップも望めるので、第二新卒の方の転職先として魅力的な選択肢のひとつと言えます。また、今のうちから取得できる資格を取っておけば転職もスムーズに進みます。

第二新卒としてみなさんが新しいキャリアに踏み出すのを応援しています。

関連する他の記事

第二新卒に人気のハタラクティブが人材、広告、IT業界に強い理由
20代の転職に強い転職支援サービス、ハタラクティブ。未経験の第二新卒の転職に強い理由とは。
失敗しない第二新卒の転職、流れをチェック!
非常に大きな労力と時間を必要とする第二新卒の転職活動を成功させるために、スケジューリングをどのよう…
第二新卒の転職で年収が下がるってホント?
現在働いている会社が自分に合っていないように感じるなど第二新卒としての転職を検討しているけど年収が…
3分でわかる第二新卒が正社員に転職する方法
第二新卒の正社員転職を有利に進める方法や、知っておくべき注意点を、3分で読めるようにしっかりまとめ…
ページ上部に戻る