TOP > 業界別転職ガイド > メディアに挑戦する第二新卒が絶対に知っておきたい情報

メディアに挑戦する第二新卒が絶対に知っておきたい情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
電子メディアのイメージ

新聞やテレビの報道などメディアの仕事に憧れている人も多いのではないでしょうか。ただ激務そうだし自分には務まらないのではないか?未経験では厳しいのではないか?と不安も多いですよね。

そこでこのページではメディアを意識している第二新卒の方に向けて業界の特徴や、第二新卒がメディアへの転職を成功させる方法などを徹底解説していきたいと思います。

第二新卒の方のメディア業界リサーチならこのページを抑えておけば安心です。

第二新卒がメディアを目指すメリット・デメリット

まずは、メディア業界とはどんな業界なのか、第二新卒が目指すメリット・デメリットからご紹介していきたいと思います。

第二新卒からでも挑戦しやすい?

メディアに入ったからといっていきなり難しいテーマについて意見も交えながら伝えなければならないということはありません。

多くの会社では新人研修が充実しており、例えば新聞社であればいわゆる5W1Hが問題なく伝えられるようになるまで簡単な記事を担当するというのは有名な話ですよね。

またメディア業界と一言に言っても、その中では記者やリポーターだけでなく校閲や編集といった職種の方も働いており未経験からも挑戦できるようになっています。

裾のが広く未経験の第二新卒からでも挑戦しやすい業界なのです。

成長株のベンチャーも多い

またメディア業界には成長株のベンチャー企業が多いのも特徴です。特に第二新卒歓迎求人の6割近くがWEBメディアをはじめとしたベンチャー企業のものとなっています。

そうした企業であれば実力主義で1年目から評価を受けることも可能ですし、成長していく会社の中で自由度の高い働き方をすることも可能でしょう。

そうした希望を持った第二新卒の方にとっては、メディアは魅力的な業界と言えます。

既存媒体は苦戦しているので注意

テレビにしても新聞にしても高い収入と社会的地位があり人気ですよね。しかしそうした既存のメディアはWEBなど新しいビジネスモデルに押されて苦戦が続いています。

TVerや新聞のオンライン配信など既存メディアも巻き返しを図っていますが、先行きは不透明と言えます。まだ高い平均収入を保っていますが将来性という観点ではメリットに欠けると言えます。

第二新卒歓迎のメディア求人の特徴は?

それでは次に、実際に公開されているメディア求人の特徴をご紹介したいと思います。

年収や勤務地などの情報が分かれば転職への具体的なイメージもつくのではないでしょうか。

求人数は比較的多め

先ほどもご紹介しましたが、メディアといっても経験豊富なジャーナリストばかりが集まっているのではなく、未経験からでも挑戦しやすくなっています。

実際に、『doda』に100件程度、『リクナビNEXT』で130件以上、『マイナビジョブ20's』で50件程度の求人が掲載されています。

これは公開求人の数ですから、非公開求人も合わせると非常に豊富な求人の選択肢があることが分かります。

平均年収は400万円以上?!

業界によっては平均収入が200万~300万というということもありますから、メディアが高収入な業界であることはお分かりいただけるかと思います。

ただ求人を見ていくと、1年目,2年目から700~800万というものも複数存在しているので平均値だけで判断しないほうがいいと言えます。

未経験でも、実力とやる気次第で400万円以上の年収を1年目から稼いでいくことも難しくないのです。

勤務地は東京がメイン

既存の大手メディアであっても、新興のWEBメディアであっても東京や神奈川などに集積していることが多いので、求人の7~8割が東京の近くとなっています。

地方都市で転職を目指すことも不可能ではありませんが、メディアを目指すのであれば首都圏での転職を考えたほうが良いと言えるでしょう。

第二新卒がメディアへの転職を成功させる方法

それでは次にメディアの転職を成功させるためにはどんなことに注意したらよいのか、第二新卒が採用される秘訣をご紹介したいと思います。

メディア業界にウケる自己PRを心がけよう

第二新卒歓迎の求人が多く掲載されているのはメディア業界の中でもコンテンツ制作会社やWEBメディア、自社メディアの最適化をおこなうコンサルといった会社が多くなっています。

「面白いことが好きな方 」や「アイデアを活かせる仕事がしたい方」といった人物像を求めているケースが多いようです。

ですから、そうしたクリエイティビティをアピールできるとメディア業界への転職は上手くいく可能性が高まるのです。

必ずしも現職でそうした仕事をしていないということもあると思いますから、高校や大学の時のことも思い出しながらエピソードを披露できるとスムーズに採用されるでしょう。

総合系転職サイトを活用しよう

またメディアへの転職を考えているのなら総合系転職サイトやエージェントの利用がおすすめです。

ご紹介してきたように、メディア業界は第二新卒を含め未経験でも歓迎している場合が多いので求人のために第二新卒特化型エージェントを利用する必要はないでしょう。

doda』といった転職エージェントであれば、求人数が豊富ですし、第二新卒の支援もしっかりと行ってくれますから安心して利用できます。

業界と自分にあった転職エージェントを利用すれば未経験からメディアでの新しいキャリアを積んでいくことは難しくないのです。

第二新卒としてメディアに挑戦しよう!

メディア業界のメリットやデメリット、第二新卒が目指す際の実際の求人や攻略方法などはお分かりいただけたでしょうか。

メディアは激務というイメージもありますが、楽しさや達成感も大きい仕事と言えます。みなさんが第二新卒としての転職で、メディア業界に挑戦できることを願っています。

関連する他の記事

第二新卒歓迎の求人にはどんなものがあるのか
第二新卒歓迎の求人ってどうせブラックばかりでしょ?と思っている方も多いと思います。しかし、近年では…
第二新卒で出版社に転職するためには?
第二新卒で出版社に転職するためにはどの様な準備をしていけば良いのでしょうか。第二新卒で出版社に一発…
福岡で働きたい第二新卒必見!第二新卒の転職事情
福岡で転職するかどうか検討している第二新卒の方に向けて、転職事情や第二新卒が福岡での転職を成功させ…
第二新卒が転職するときの志望動機の書き方とは
第二新卒が転職活動する際に困ってしまうものが志望動機。履歴書や面接で志望動機を聞かれた際にどのよう…
ページ上部に戻る