TOP > 業界別転職ガイド > 第二新卒に人気のハタラクティブが人材、広告、IT業界に強い理由

第二新卒に人気のハタラクティブが人材、広告、IT業界に強い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハタラクティブロゴ

第二新卒で転職を考えた場合、どのような方法で仕事探しをするか迷ってしまいます。

今回は20代、第二新卒の未経験者に特化したハタラクティブがなぜ転職に強いのか。

また人材業界を中心にハタラクティブで転職するにあたって転職しやすい業界について紹介していきます。

第二新卒の就職・転職の基礎知識

講義をする男性

まずは第二新卒転職の基礎知識について紹介していきます!

第二新卒の転職率

昔と比べて就職してから3年以内に離職する人が増えています。

ここ数年は3人に1人が退職しています。

このような状況から、第二新卒をサポートする転職エージェントや第二新卒を受け入れる企業が増えたので、第二新卒の転職率は間違いなく増加しています。

リーマンショック時は落ち込みましたが、現在は売り手市場になっているので需要は大きいです。

第二新卒を受け入れやすい人気業界は?

つぎに第二新卒が受け入れやすい業界について紹介します。

人手不足である業界が受け入れやすいので、その点に絞って紹介します。

  1. 人材
  2. 人材業界はリーマンショックで急速に下降し、人材不足となりました。

    ここ数年で立て直してきてはいますが、まだまだ人員を必要とする業界です。

  3. IT
  4. IT業界は成長を続けている産業の一つで、それに伴い人が不足しています。

    若い人から人気のある業界ですが、それ以上に人員の補充を必要としているため、第二新卒が就職しやすい業界です。

    また、ITと聞くとエンジニアやプログラマーといったむずかしいスキルを求められるような印象もありますが、そういった技術職以外にも営業や企画などの一般職や事務職もあるので誰でも働くことは可能です。

おすすめの転職方法

仕事を探すにあたって、おすすめの探し方を2つ紹介します。

  1. 求人サイトを使って自分で探す
  2. 求人サイトを使うことによるメリットは求人数です。

    さまざまなサイトの求人を一度に探すことができるので、とりあえず求人を見てみたいという方にはこれがおすすめです。

  3. 転職エージェント
  4. 転職エージェントを利用するメリットは面接から内定、そしてその後の入社するまで一通りの面倒を見てくれることです。

    自己分析や面接対策など自分一人ではできないことをフォローしてくれます。

    そしてこのようなサポートを転職エージェントでは無料で受けることができます。

    転職に少しでも不安のある方はぜひとも利用してみてください。

2017.08.01
第二新卒として人材サービス業界への転職を希望している方に向けて、人材業界の特徴や転職を成功させるためのコツをお教えします。

第二新卒に人気のハタラクティブのメリットとデメリット

眼鏡をかける男性

未経験の20代、第二新卒に人気の転職エージェント「ハタラクティブ」について、なぜ転職率が高いのか、そしてメリットとデメリットについても紹介します。

転職率が高い理由

ハタラクティブは小規模なサービスで登録人数は少ないですが、その分一人ひとりに対するサービスが手厚いことが、書類審査率91.4%、正社員成功率80.4%と高い数字を実現しています。

そのため、第二新卒で転職に大きく不安を抱えている方にはとてもおすすめです。

メリット①:未経験でも安心!ハタラクティブの特徴

冒頭にも述べたとおり、ハタラクティブは20代の求職者に特化した就職支援サービスです。

リクナビやマイナビのようにサイトに公開求人を掲載するのではなく、アドバイザーとの面談を通じて自分に適した非公開求人を手配してもらう形式となっています。

ハタラクティブの強みはなんといっても経験の浅い若年層の支援にフォーカスしている点です。

働いた経験のない既卒者はもちろん、就労経験のあるいわゆる「第二新卒」にも過去のスキルや個性を活かせる環境を提示してくれます。

一説によればハタラクティブ求人のうち未経験でも可能な求人は約8割と言われています。しかし8割のなかには正社員未経験という意味での「未経験」が含まれていると考えられます。すなわち、あらかじめ社会人経験を積んでいる第二新卒に対してはもう少し求人量が増えると推測できます。

第二新卒が人材業界への転職で利用するにはハタラクティブがうってつけだと言えますね。

メリット②:アドバイザーの就職支援

第二新卒生がハタラクティブを利用するメリットは条件のいい求人があるというだけではありません。

アドバイザーによる就職支援も転職活動における大きな支えとなるでしょう。

アドバイザーは都内3ヶ所のオフィスで直接アドバイスをしてくれるだけでなく、応募先とのスケジュール調整や書類の送付も行ってくれます。

第二新卒生が働いている間にも効率的に転職活動を進めることができるので、スピーディかつストレスフリーで面接に向かうことが可能です。

遠距離在住の第二新卒生に対しても、電話で応対を行ってくれます。

特に、人材業界の企業は働き手の多い都心に集中する傾向があります。

地方に住んでいるとわかりにくい東京の動向について調べてくれるだけでなく、上京時の面接日程も調整してくれるハタラクティブのアドバイザーは、地方在住の第二新卒生にも力強い味方となってくれるでしょう。

メリット③:内定後も手厚いサポート

ハタラクティブでは内定獲得後もサポートが手厚いです。

具体的には退職願の書き方、入社前に必要な書類作成の準備、内定承諾の方法など細かくサポートしてくれるので安心です。

そして入社後もハタラクティブでは定期的に連絡をして、入社後の現状のヒアリングを行ってくれます。

入社後で何かあってもハタラクティブなら安心できますね。

デメリット①:求人が関東圏内しかない

ハタラクティブは東京を中心に関東圏内しか扱っていないので、地方の転職には対応していません。

また、支店は都内のみになります。

しかし、地方から東京に上京する場合であれば、地方からでも対応が可能です。

デメリット②:大手求人が少ない

ハタラクティブの求人は未経験の20代、第二新卒をターゲットとしているため、どうしても中小企業の求人が中心となってしまいます。

大手企業を狙いたい方はリクナビやDODAといった大手の転職エージェントの利用をおすすめします。

人気業界における第二新卒の就職・転職状況

プレゼンでグラフを見せる男性

実際に第二新卒が人気業界にどれほど転職できているか紹介します。

日本全体の就職率の現在

まずは日本全体の就職率について紹介します。

現在、就職市場はアベノミクスなどにより、空前絶後の売り手市場となっています。

そのため売り手市場となっており全国の有効求人倍率の平均が1.43倍、東京に限れば2.05倍と非常に高い数字となっています。

今後もしばらくはこの状態が続いていくと考えられます。

人気業界における第二新卒の転職事情

気になる第二新卒の人気業界における転職事情ですが、まずハタラクティブの利用者の転職率に関して言いますと、転職率は80%に昇ります。

その中に人気業界も数多くの名を連ねています。

多い順に、IT、メーカー、建設・不動産、サービス、流通、商社、その他となっています。

これを見てわかるように、第二新卒でも十分に人気の業界に転職できます。

職種に関してはこちらもハタラクティブの利用者の実績で言いますと、多い順に、営業、エンジニア、施行管理、デザイナー、事務、サービス・販売と幅広い職種で就職していますね。

本人の志向や適性によりますが、営業や技術職、事務、店長候補あたりの採用が多く見受けられます。

人材業界に進出するなら

人材業界に進出を考えている人にハタラクティブが紹介する、人材業界で求められる素質を3つ紹介します。

その①:コミュニケーション能力

人材業界は人と人のやりとりが根幹にあるため、対話を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルは必須と言えるでしょう。

求職者だけでなく、企業や派遣先と要望の行き違いがないかよく話し合う必要があります。

その②:営業力

上記のコミュニケーションを踏まえた上で、メリットとデメリットを押さえた提案を行うスキルです。

求職者に対して候補企業の特徴をわかりやすく伝えることができれば成約率もぐっと上がります。

相手のリクエストを正しく把握し、より魅力的に応えることが重要です。

その③:目標に向かって努力する意欲

シビアな話ですが、人材紹介・人材派遣の営業やアドバイザー職では成約の質だけでなく量も問われます。

所属部署の目標をしっかりと把握しつつ、自分でも独自の努力を続ける姿勢が重視されるでしょう。

ハタラクティブの公式ページには、上記3点を踏まえた実際の志望動機案も掲載されています。

自分の経歴や傾向を見直しながら志望動機書をブラッシュアップしていきましょう。

人材業界以外におすすめの業界と未経験向け転職エージェント

ここまでは人材業界を中心におすすめしてきましたが、それ以外におすすめの業界と、ハタラクティブ以外の未経験向け転職エージェントを紹介します。

おすすめの業界

  1. IT業界
  2. 冒頭にも紹介しましたが、IT業界は今後も成長を見込める業界なので非常におすすめの業界の1つです。

    PC作業など個人的な作業が多いため、仕事のやりがいは他の業界に比べてとてもあります。

    しかし、責任も伴ってくる業務なので軽い気持ちで転職してしまうと苦労することになってしまいます。

    その分給料は他の業界より高めに設定されています。

  3. 小売業界
  4. 小売業界とは、販売といったものを売る仕事です。

    他の業界と比べると、経験者でも馴染みやすい業界です。

    ノルマなど課される場合もありますが、他の業界に比べれば自由に働ける業界の1つです。

  5. 飲食
  6. 飲食業界はも全体的に人手不足なので、就職しやすい業界です。

    飲食業界はアルバイトの経験がない未経験者でも比較的スムーズに仕事に馴染むことができます。

    そしてお客との距離が非常に近いのでやりがいも非常にある仕事です。

    調理を担当することになれば技術も身につけられるのでスキルアップにもつながります。

未経験向け転職エージェント

ハタラクティブを中心に紹介してきましたが、その他の転職エージェントも紹介します。

  1. マイナビエージェント
  2. 初めての転職の場合、マイナビエージェントもおすすめします。

    言わずと知れた大手ということもあり、持っている情報やサービスはとても充実しています。

    初めての転職する方のサポートも万全な体制で行ってくれます。

  3. type転職エージェント
  4. type転職エージェントは長年女性の転職に力を注いできたということもあり、女性の転職に関して高い実績と信頼が有ります。

    第二新卒の女性で転職考えている方は、type転職エージェントもおすすめします。

  5. 第二新卒エージェントneo
  6. 第二新卒エージェントneoは東京と大阪に支店を持っているので関西方面にも対応しています。

    そのためハタラクティブはカバーできない部分を補えます。

    関西方面と東京の両方で転職を考えている方は、ハタラクティブと第二新卒エージェントneoの併用をおすすめします。

まとめ

第二新卒の転職事情を踏まえつつ、ハタラクティブについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

20代に特化しているハタラクティブは、未経験の第二新卒生に対しても綿密なフォローとアフターケアを行ってくれます。

転職にまつわる大変なことや面倒なことはハタラクティブでアドバイザーとともに解消して、よりよい転職に臨みましょう!

関連する他の記事

第二新卒の面接では転職理由の伝え方が大切!どう伝えればいいの?
第二新卒の方が面接で必ず聞かれる「転職理由」を考えるのは難しいですよね。面接突破に向けて、アピール…
フリーターが第二新卒として転職することってできるの?
フリーターを脱して正社員として働きたいと思っている方へ。みなさんが第二新卒として企業に採用されるこ…
第二新卒歓迎の求人にはどんなものがあるのか
第二新卒歓迎の求人ってどうせブラックばかりでしょ?と思っている方も多いと思います。しかし、近年では…
会社側・第二新卒両者から見た第二新卒採用のメリット・デメリット
第二新卒は既卒者とは違い、ある程度の仕事経験があります。その経験を活かせるような転職をするために、…
ページ上部に戻る